あなたの利息を取り戻しましょう

弁護士や法律事務所を選ぶポイントは

弁護士は法律家として、どのような法律問題も解決することが出来ます。しかしながら、法律問題はとても種類が多くありますので得意不得意が存在します。不得意な分野を相談してしまうと、なかなか勝訴を勝ち取るのが難しい場合もありますので、選任には注意が必要です。

選び方のポイントは、事務所の方針です。弁護士は必ず法律事務所に所属をしています。事務所がどんな問題を専門に扱っているのか、どんな特色を打ち出しているのかを見ると、得意不得意が判断することが出来ます。交通事故を専門に扱っている場合もあれば、殺人を得意としている法律事務所がありますので、見極めるようにしてください。

弁護士や法律事務所の得意不得意を見極めましょう

弁護士は法律家として、あらゆる問題を解決してくれますので、一般人にとってとても頼りになる存在です。しかしながらすべての法律を把握しているわけではないので、必ず得意分野と不得意分野があります。

不得意分野の法律問題を依頼してしまうと、勝訴することが難しくなってしまうこともありますので、出来るだけ得意分野を相談するようにしたいですと思うはずです。それを見極めるには、どのような法律事務所に所属しているのかを見る事です。弁護士は必ず法律事務所に所属していますので、法律事務所によってどのような問題を専門に扱っているのかを見極めることによって、得意不得意を見極めることが出来ます。

弁護士や法律事務所に依頼した時の支払い方法

自分に合う法律事務所を探してきて、弁護士に実際に案件を依頼した時に気になってくるのが、支払い方法についてだと思います。ショッピングのようにクレジット払いということができませんので、基本は現金払いになります。

しかし一括ではなく、分割もできますし、お金が戻ってくるようなタイプの依頼の時にはその戻ってきた金額の中から差し引いてくれますので、新たにお金を準備する必要がないので安心です。また借金関係については、借入先への支払い金額と同じように、法律事務所へ支払わなければならない金額分も含んだうえで、計画を立ててくれますので、こちらから新たに計算する必要はありません。

弁護士や法律事務所っていってもどうやって依頼先を決めるの?

「弁護士」とインターネットで調べようとすると、沢山の法律事務所の情報が出てきます。その中から自分に合っている法律事務所を探しあてるのはとても労力のいることです。選びかたをご紹介します。

まずは自分が相談したい内容に強い事務所を選ぶことです。弁護士にも得意な分野や、苦手な分野があり、強い分野を当然売りだしています。そのため検索する時には、例えば「借金相談に強い事務所」「交通事故相談に強い事務所」といった風に詳細を入れて検索したほうが絞ることができます。またホームページの印象だけでなく、できればまずは電話で話して、印象を実際に感じてみることをお勧めします。

大阪、京都、神戸の弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪弁護士会所属

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ [公式・大阪事務所・京都駅前事務所・神戸出張所]

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

千葉、茨城、東京の法律事務所、弁護士法人リーガルプラス

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階
JR本八幡駅北口より徒歩1分

船橋・津田沼事務所
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室
JR津田沼駅北口徒歩1分

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A
JR千葉駅(中央改札口)東口 徒歩3分

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階
京成成田駅東口より徒歩5分

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室
東京メトロ銀座線 日本橋駅より徒歩1分

かしま事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1
JR鹿島神宮駅から徒歩27分
駅からタクシーをご利用の場合は10分

https://legalplus.jp/

司法書士になりたい場合について

司法書士になりたい場合については、国家試験の一つである司法書士試験に合格しなければいけません。決まった学歴や年齢などの制限はないものの、合格率は非常に低く3パーセントでありますので、非常に難関であることが言えます。

また、試験に受けってからも法律を扱う仕事になりますので、多くの法律を勉強していかなければいけません。なるには相当な覚悟を持って勉強していかなければいけません。しかしながら、町の弁護士と言われ非常に身近な存在であることもあげられますので、やりがいは大いに感じることができると言えるでしょう。

司法書士、弁護士の情報

おすすめの弁護士や司法書士

弁護士や司法書士に関する情報をご紹介。